extail information

ペットグッズブランド extail (エクステイル) からの お知らせ [上質な犬猫用ケージ・ゲート 他用品メーカー]

ネイチャーコラムVol.2 若林伸一氏(NPO団体 代表)

*******************************************************************

【 お知らせ 】

extail 公式ブログ は 独自ドメインのブログ へ移行 致しました。

Top pageへは こちら ⇒  blog.extail.com  

今後とも extailを よろしくお願い致します。

*******************************************************************

extailは自然環境の保全を目的とした活動を行っている 団体・個人に支援プログラムを展開しています。

そして、本記事はそれらの方々の日々感じたり想いを寄せたり したことを自由に語ってもらうコラム形式のコーナーです。

 

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

extail ネイチャーコラム Vol.2 「私は東京の葛飾で生まれ育った。」  

                 若林伸一

 

Top

 

子どもの頃はドーナッツ化現象で 爆発的に子どもの数も増え1学年9クラスもあった。 葛飾区や足立区には日立の工場などもあり、 空襲警報のようなサイレンが鳴ると光化学スモッグ発令中で 校舎や公共の施設の中に避難する事になっていた。 これがまた、晴れて天気の良い時によく鳴った。

 

近所の川は流れがなくタールが波打っていた。 子どもの頃の遊びで、川に網を入れて そこからおもちゃの産業廃棄物を探し、 公園の砂場で付着したタールを取って遊んでいた。 この近くはおもちゃの下請工場も多く 失敗したものは川に捨てていたんだろうと思う。

 

Town

 

学校の帰りに建物のコンクリートの瓦礫の山があって、 そこにはよく医療廃棄物も落ちていて、 注射針を投げ合って遊んだりしていた。 今考えると恐ろしいことだが、肌に刺さったりもしていた。 周辺に居る昆虫はアリとアブラゼミと たまに蝶やトンボなどもいた。 これらの虫より、ゴキブリのが多くいたように思う。 しかも、田んぼや生物のすめる川がなかったので 蚊もほとんどいなかった。 そんな小学校時代で、生活の中に自然はなく、 はじめからないので自然自体にもまったく興味はなかった。 なぜか、小学校の遠足や臨海学習などで、 奥多摩や千葉の海へ行ってもあまり感動はなかった。

 

しかし、祖母のいる山梨などに夏休みに行った時は、 ひたすら河原で遊んだ覚えがある。 東京での生活は、ひたすら塾通いと受験勉強だったので、 あまり友達と遊んだ記憶がない。   子供同士の人間関係もかなり希薄だったように思う。 そんな、機械的な生活を繰り返し、 高校3年生の時、友人と受験で北海道へ行った。

 

Photo

[北海道 洞爺湖]

 

列車で乗り継ぎ、北海道十勝へ着いた時、 広大な雪原を見て、その場に立ってみると 今までのつらい事や小さい事に悩んでいた事、 そしてずっと受験勉強をしてきた事など、 自分がこの真っ白の雪原の中で本当にちっぽけ思えてきた。 そうしたら急に何もかもがちっぽけに見えて 受験を途中でやめて北海道内を回る事にした。  

 

それから自宅へ戻り、 北海道に住みたいと親に言ったところ猛反対をくらい、 日々説得はしたもののまったく無理だったので、 とうとう家出をしてしまった。  私は一人っ子でしかも親は公務員で、 堅実に生きて欲しいと思っていたようだ。  

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*  

 

それから一年逃亡生活を続け、 東京の大学に入り沖縄から北海道まで 1都1道2府43県すべてを回った。 そして、やっぱりあの真っ白な雪原の衝撃は大きく 北海道と思って3年で大学をやめ移住する事を決意し、 1年朝昼晩バイトをしてお金を貯めて、 北海道に移住し十勝に土地を買い、 家を壊した産業廃棄物を拾ってきて、 自分で廃屋をなおして23歳で民宿をつくって事業を始めた。 それから、遊びを作り、 考える会社をつくり空を飛び、 野山に入り、川や湖に浮かび、海に潜り…

 

Photo_2

[洞爺湖域を回遊するサクラマス]

 

すると自然の素晴らしさや尊さが見えてくるようになった。 そして、ニーズにもあって全国展開をした。  お客さんはどんどん増え、地域のためと思いつつも、 何か地域住民との違和感を感じていた。 よそ者が何かわからない事をして遊びながら 金儲けしているように見えたのだろう。  そんな時、過労で倒れて全てを閉鎖してしまった。

 

その後は、 地域にある自然環境や 住んでいる人が気づかない 地域資源や一次産業を使って 地域と一体となって、体験観光や 体験学習で交流人口を増やして 地域活性をしようと考えNPO法人を設立した。

 

Photo_5

http://www.shizentaiken.com/

 

今では、能登や相模原市、鹿児島などに分校ができ、 今後もどんどん増やしていきたいと考えている。   今回いたただいた助成も、 環境省ではすでにできないほどに増え続けている 洞爺湖のウチダザリガニの防除のために 活用させていただいている。

 

Photo_3

[特定外来生物に指定されているウチダザリガニ]  

 

地域の困っている事を体験にする事で 都会の人にはわからいない問題点も見えてきて、 それらを一人でも多くの方が理解する事で 環境保護や環境保全につながる。  

 

そして、体験活動は私の子供の頃のように 何もわからない、何を自然の中でしていけないことなのかなど、 体験から自然を知り、次世代の子どもたちに伝えることで感性を育て、 自然資源の保護にもつながると考えている。

 

Photo_4

[十勝の茶畑 風景]

 

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-: -:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:

執筆者 プロフィール(敬称略) 

若林伸一 (わかばやし しんいち)

大学中退(東京工業大学、慶応大学) 全国各地で体験観光・体験学習でまちおこしをしている。

◆旅の宿 ワインの国 宿主    (1983年2月22日開業)

NPO法人 自然体験学校 理事長(2004年5月6日設立) http://www.shizentaiken.com/

国土交通省(観光庁)観光地域プロデューサー

農林水産省地域力アドバイザー

環境省 北海道温暖化防止推進員

豊浦・洞爺湖子ども農山漁村協議会 会長

豊浦町  http://www.town.toyoura.hokkaido.jp

/ -:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:

 

この extail ネイチャーコラムでは、 積極的に自然環境保全を目的とした活動を行っている 団体および個人の方のエッセイを募集致します 詳しくはinfo@yokomura.co.jp までお知らせ下さい

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 

[pet equipment serve extail (エクステイル/エクステール)]  

home page →      www.extail.com  

pet equipments     ショッピング  

お問合せフォーム    お気軽にどうぞ  

mail to →         ask@extail.com

特別なペット用ケージextail コンフォートスタイル ペットハウス エクステイル

ペット用家具puppilly 犬家具と愛犬家Tシャツショップ パピリー

all management 有限会社 横村製作所 [since 1969]

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Widelogo_2